ウォッチ基礎講座@各部の名称

腕時計のパーツ、は聞きなれない名前が多くて覚えにくいですが、最低限これだけはよく使われる用語なので覚えておきましょう。
※用語をクリックすると説明文に移動します。

パーツ・名称

腕時計各部名称
ケース

腕時計の駆動部分(ムーヴメント)を納める容れ物のこと。ムーヴメントとケースを合わせた部分が、腕時計のいわゆる本体です?/p>

ベルト

ご存知のように時計を装着する為の部位。「バンド」「ストラップ」ともいわれ、金属製の場合は「ブレスレット」と呼ばれます?/p>

ベゼル

ケースの一部で、ダイアルを覆うガラス(風防)の外周部分。スポーツモデル等では経過時刻計測などの機能を持つものもあります?/p>

カレンダー

日付(デイト)表示? 写真のような小窓表示のほかにポインターデイト表示もあります。日付け・曜日の両方を表示するものは「デイデイト」と呼ばれます?/p>

ラグ

ケースとベルトをジョイントする役割を果たす部位のこと。ケースと一体化しており、素材も、通常はケースと同じものが使われてます?/p>

リューズ

時刻を合わせるためのつまみ。機械式の腕時計ではゼンマイを巻くためにも使います。ちなみに、日本語で表記すると「竜頭」と書きます?/p>

インデックス

時刻を読み取るための目盛りであり、見やすさはここで決まりまほEダイアルの一部ではありますが、別のものとして扱われるのが一般的?/p>

ダイアル

文字盤のこと?br>針やインデックスなどが載った盤であると同時に、さまざまな色や素材、宝石が使われるなど、その時計の個性を決める部分でもあります?/p>

ムーブメント

時計にとって最も重要なのが、機械部分であるムーブメント。 絶えず動き時計すべての機構をつかさどる、人間でいえば心臓のような部分です。 ムーヴメントには、ゼンマイで動く機械式の手巻きおよび自動巻きと、電池で動くクォーツの3種類があります。 普段はケースの中にあり見ることは出来ませんが、ケースの裏が透明な時計(裏スケルトンモデル)ではみることが出来ます。

スマートフォンPC
ヨミホトフフテラミツー贇レマ゚www-btフフテヘwwwフフテ-オ醺ーフフテ ノサッホ」 オ醺ー
エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ ヘシタシカ ケシハネヒハソネネメ鰒ミケイハョセナスチヨミネォサ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? オテヨェトクヌラウハツトミラモヤレオリフヘエゾ ト羲テタサタモ「 ヘサホァ ケラ耻スートエタムヌエテオ・:4ケ鮟ッヤレチミ ヌァモヌァムー ムーテホサキモホシヌ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? カキニニイヤキ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? ニヨキ「メミミサリモヲス3メレエ豼トェテアサヨハムコ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ カキスサリモヲホタミヌヒ鯣ャホ」シーケシハソユシ蒄セ ヒルカネモシ、ヌ9 キソシロノマユヌウヌハミエエニ゚トミツオヘ ケユオ翅エチヒ? ムーテホサキモホシヌ ホメコヘホメオトシメマ キソシロノマユヌウヌハミエエニ゚トミツオヘ ケユオ翅エチヒ? カッホハタス ヨミテタヤェハラサ睥クヨリオ翔レネン ムーテホサキモホシヌ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ ヘサホァ メ箒タエハァヨアスモスシカハタス邀ュラハク ハョセナスチヨミネォサ盪ォアィキ「イシ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ヨミケケイイオウオレネクタハキセメ鯤ォホトキ「イシ トミラモミエ80メウPPTユセネーョヌ鯤エタサ コノォヘィシゥチ サィトセタシ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 ケラ聆ミツウマ゚クナツハ0.08% エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ ハョセナスチヨミネォサ盪ォアィキ「イシ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ ヨミケケイイオウオレネクタハキセメ鯤ォホトキ「イシ アアセゥカャーツサセ賻エォニャサスサィサキスア チスクナョネヒ ノミニモハョサキエォニ カキニニイヤキ 200スモ羈サマナコエヒョタト醉タ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 ヒユトメラケコサリモヲニニイエォホナ チヨオ、ハタス酣ナテアサユハスメニウ ヨ鮃ネヒ ミシメモ。ホェコ羔ラ「ネウャ70メレミテラハス ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ ウ、スコ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ヘサホァ ホメコヘホメオトシメマ ミシメモ。ホェコ羔ラ「ネウャ70メレミテラハス ヨミケケイイオウオレネクタハキセメ鯤ォホトキ「イシ ヨゥヨマタ:モ「ミロケ鯊エ コノォヘィシゥチ チスクナョネヒ ケラ耻スートエタムヌエテオ・:4ケ鮟ッヤレチミ ニヨキ「メミミサリモヲス3メレエ豼トェテアサヨハムコ ト貔ヨ ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ ヘ篆サイソサリモヲーンオヌヨリノイサヨァウヨフィカタ ケシハネヒハソネネメ鰒ミケイハョセナスチヨミネォサ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ハョセナスチヨミネォサ盪ォアィキ「イシ ヨミケメスノ
ア」ソオマリ| クキソオハミ| チャノス| モフマリ| カハゥハミ| ミツホナ| コシスコニ| ヨウヌハミ| テノメマリ| シホコフマリ| チソレハミ| ミヒョマリ| ツ蠧マリ| ホ篆ュハミ| ホーイハミ| ヌヒノマリ| ムナスュマリ| ーラメハミ| ホ萇衂| モフマリ| オツクマリ| スィアハミ| ノフトママリ| ミヌラモマリ|