腕時計・ジュエリーTOP > ウォッチメンテナンス入門
ウォッチメンテナンス入門

せっかく手に入れたお気に入りのジュエリーは、いつまでもきれいに使いたいもの。
その為には、きちんとしたお手入れが重要です。ちょっとした気遣いで、ずっと美しく使えます。

いつまでも美しく保つ、日常で気をつけるポイント!

傷めにくい使い方

着替えやメイク等の身じたくを整えたあと、最後の最後に着けるのが、アクセサリーへの思いやり。 特に、フレグランスやヘアスプレーなどは、凸凹の奥まった部分にまで飛沫がかかりやすく、 そうなると拭いてもなかなか取れません。必ず先に済ませましょう。

お手入れ方法

直接肌に触れるアクセサリーは、汗や皮脂、コスメなどで汚れやすく、それがくすみやくもりの原因にもなりかねません。使った後は、柔らかい布で汚れを拭き取ってください。但し、あまりやりすぎると留め具等を壊しかねないのでソフトに。パヴェの間に挟まったホコリが気になる場合、宝石によっては水洗いしても平気ですが、よく乾かすこと。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

保管方法

貴金属の酸化を防ぐには、なるべく空気に触れないようにビニール袋に入れるのがベター。 その上で、専用の箱に間隔を保って収納するか、 柔らかい布や紙にくるんでシルクバックに入れるようにしましょう。 湿気によるカビも要注意ですが、だからといって化学品の乾燥剤を入れるのは、 もっと危険。普段使わないアクセサリーは時々ケースから出して布で磨くように心がけましょう。

こんなときはどうする?

銀製品が黒ずんだら

銀製品は非常に酸化しやすいため、どうしても黒ずんでくるもの。このため、液状やクロスなど各種のシルバー専用クリーナーが市販されています。指輪やピアスなどの小物なら、浸けるだけの液状タイプが手軽でオススメです。

指輪やブレスがゆがんだら

簡単に考えて、自分で直そうとしないほうが無難です。ますますゆがんでしまったり、ヒビや破損を引き起こしてしまったりすることも。無茶をしないで、購入ショップか修理店に頼みましょう。

留め具などが壊れたら

パーツの付け直し程度なら、一般のショップや修理店でも修理可能。但し、パーツを紛失してしまった場合、純正パーツによる修理はメーカー以外ではほぼ不可能です。

ちょっと待って!超音波洗浄

磨いただけでは取れない汚れもきれいに落とせて、とても便利な超音波洗浄機。 でも、ムーンストーンやオパールなど宝石・貴石のなかには超音波に弱い素材もあるので、 使用には十分な注意が必要です。振動でひび割れてしまうこともあるのでわからないときは、必ず専門家に確認を。

スマートフォンPC
ヨミホトフフテラミツー贇レマ゚www-btフフテヘwwwフフテ-オ醺ーフフテ ノサッホ」 オ醺ー
エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ ヘシタシカ ケシハネヒハソネネメ鰒ミケイハョセナスチヨミネォサ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? オテヨェトクヌラウハツトミラモヤレオリフヘエゾ ト羲テタサタモ「 ヘサホァ ケラ耻スートエタムヌエテオ・:4ケ鮟ッヤレチミ ヌァモヌァムー ムーテホサキモホシヌ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? カキニニイヤキ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? ニヨキ「メミミサリモヲス3メレエ豼トェテアサヨハムコ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ カキスサリモヲホタミヌヒ鯣ャホ」シーケシハソユシ蒄セ ヒルカネモシ、ヌ9 キソシロノマユヌウヌハミエエニ゚トミツオヘ ケユオ翅エチヒ? ムーテホサキモホシヌ ホメコヘホメオトシメマ キソシロノマユヌウヌハミエエニ゚トミツオヘ ケユオ翅エチヒ? カッホハタス ヨミテタヤェハラサ睥クヨリオ翔レネン ムーテホサキモホシヌ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ ヘサホァ メ箒タエハァヨアスモスシカハタス邀ュラハク ハョセナスチヨミネォサ盪ォアィキ「イシ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ヨミケケイイオウオレネクタハキセメ鯤ォホトキ「イシ トミラモミエ80メウPPTユセネーョヌ鯤エタサ コノォヘィシゥチ サィトセタシ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 ケラ聆ミツウマ゚クナツハ0.08% エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ ハョセナスチヨミネォサ盪ォアィキ「イシ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ ヨミケケイイオウオレネクタハキセメ鯤ォホトキ「イシ アアセゥカャーツサセ賻エォニャサスサィサキスア チスクナョネヒ ノミニモハョサキエォニ カキニニイヤキ 200スモ羈サマナコエヒョタト醉タ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 ヒユトメラケコサリモヲニニイエォホナ チヨオ、ハタス酣ナテアサユハスメニウ ヨ鮃ネヒ ミシメモ。ホェコ羔ラ「ネウャ70メレミテラハス ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ ウ、スコ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ヘサホァ ホメコヘホメオトシメマ ミシメモ。ホェコ羔ラ「ネウャ70メレミテラハス ヨミケケイイオウオレネクタハキセメ鯤ォホトキ「イシ ヨゥヨマタ:モ「ミロケ鯊エ コノォヘィシゥチ チスクナョネヒ ケラ耻スートエタムヌエテオ・:4ケ鮟ッヤレチミ ニヨキ「メミミサリモヲス3メレエ豼トェテアサヨハムコ ト貔ヨ ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ ヘ篆サイソサリモヲーンオヌヨリノイサヨァウヨフィカタ ケシハネヒハソネネメ鰒ミケイハョセナスチヨミネォサ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ハョセナスチヨミネォサ盪ォアィキ「イシ ヨミケメスノ
ヨホマリ。」| ノ扈| ユスュハミ| ヌ猯マリ| ツテモホ| ツヨフィマリ| ラ゙ニスマリ| トホツニ| コマヒョマリ| サ盍マリ| コレコモハミ| ヘシトセハ豼ヒハミ| ポコハミ| テ獰ハミ| ツスエィマリ| ゙ュエコマリ| オヲウヌマリ| 盡ムメ| ク゚アョオハミ| エラホマリ| キフィマリ| セテヨホマリ| トマエィハミ| クモモワマリ|